「誰だって飛び込める、スポーツビジネスを実現し、スポーツ業界を変えていきたい。」

今、日本のスポーツビジネスは変革期です。2019年のラグビーW杯や2020年の東京五輪といった日本での国際大会、野球やサッカーなど大きく盛り上がる国内のプロスポーツに加え、バスケットボールや卓球、バレーボールなど新たにプロ化されたスポーツ、さらにスポーツ庁でも国をあげて進む様々なスポーツ施策、そして、新しいスポーツであるeスポーツの事業化…

スポーツビジネスの新しいチャレンジにより、まさに、スポーツビジネス3.0が始まろうとしています。

スポーツビジネスのさらなる発展や、スポーツが社会にとってスマイルを作り続けるには、そのためには何が必要かを考え、私たちは「人」そして「想い」がそれを実現するキーだと考えました。

スポーツビジネスを、スポーツ事業をオープン化し、様々なスキルを持った、より多くの人が、スポーツビジネスに関わることで、スポーツビジネスを変えていける。

いま、スポーツビジネスに関わる人だけでなく、みんなで、スポーツビジネスを変えていける。

その想いから、我々はこの「人材交流プラットフォーム DIVE」を立ち上げました。

新しいスポーツビジネスの関わり方や働き方で、スポーツビジネスに飛び込む人を増やし、スポーツビジネスに新しい流れを作る、スポーツ業界の外から、スポーツビジネスを大きく変える。

そして、スポーツが社会にとってスマイルを作り続ける世界を作り上げたいと考えています。

みんなで、楽しみながら、ワクワクしながら。 

 

                       株式会社アンビションアクト

取締役社長 山本 恭平

スポーツならできる、どこまでも。僕らは信じている、スポーツの可能性を。